漢字学習は小学校2年生から難しくなる!?ポスターを活用して乗り切ろう

漢字の勉強
スポンサードリンク

漢字学習は小学校2年生にもなると文字数も増え、複雑化してくるので、漢字の小テストで点数をとれない子も出てきます。ここで落ちこぼれないように、家庭でも簡単にできるフォロー方法をご紹介したいと思います。

漢字学習は小学校2年生から難しくなる?

小学校2年生の漢字学習についてのお話です。子供の漢字の学習ノートをみて驚きました。1年生のときと比べて習う漢字が格段と難しくなっています。画数も増えています。習う文字数も倍です。

小学校2年生にもなると身の回りに関わるものは、はだいたい漢字で書けるようになってくると担任の先生がおっしゃっていました。確かに頷けます。覚えるのも大変そうです。

スポンサードリンク

小学校2年生の漢字ポスターの活用のすすめ

小学校で習った漢字を簡単に復習できるように、我が家では小学校2年生の漢字ポスターを活用することにしました。まずはチャレンジでもらった小学校2年生の漢字ポスターを壁に貼りました。そして小学校2年生で習った漢字を黄色のマーカーで娘に塗ってもらいました。そうすることで、習った漢字を思い出し、確認させます。

「この漢字は他にはこんな読み方があるんだよ」「この漢字はこういう時に使うんだよ」などと言いながら子供と漢字に触れます。これを毎日の日課にすることで漢字を復習します。

新しいことを認知していくには、3回以上触れるのが効果的と言われています。学校で習うのが1回目、宿題で2回目、ポスターで3回目、チャレンジと漢字ドリルでさらに学びを深めます。勉強!勉強!と言わずに自然に漢字を身につけられたらいいなと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする